僕たちの新世紀~2020年蟹座満月~

僕たちの新世紀~2020年蟹座満月~

私の近況報告

2020年1月11日 4:22、2020年最初の満月は蟹座で迎えます。満月は実りを実感する時間。

新年早々なので新月の抱負を立てたいところですが、私は過去ばかり振り返っています。といっても後ろ向きという意味ではなくて、今という時間があるのは全部過去の出来事があったからだよなって思えて。

未来を見ると必然的に過去を向くことになり、そこから様々なものを受け取っているような時間を過ごしています。

「オレ、仕事やめたってよ」のクリスマスのころが、もうかなり昔に感じます。4月、5月ごろには新生活を始める予定です。

ホロスコープリーディング

メッセージ

2週間前の山羊座の新月では、未来の自分は今の自分より幸せであるかどうかあなたの大切な人たちが未来でも笑っているだろうかという願いに対して、未来がそうであるように、今の自分が約束する、という内容の記事を書きました。

今回の満月は、未来がそうであるように行動を起こします。その第一歩。

やけに聞きたくなった曲があります。それはアジアンカンフージェネレーションの新世紀ラブソング

あの日 僕がセカンドフライを上手に捕ったとして
それで今も抱えている後悔はなくなるのかな
歌詞・作曲:後藤正文

今感じている生きづらさや虚無感や無力感は、昔感じた心の痛み、心に刺さった棘によって引き起こされている現実です、ってよく聞くじゃないですか。これが新世紀ラブソングの冒頭だなって思います。

例えば、母の笑顔を見たくて一生懸命にお手伝いをしたのに褒められなかったとか、逆に怒られた、なんてことは誰しもにある記憶じゃないかと思います。これが私にとって捕り損ねたセカンドフライと同じ。

「あのとき失敗しなければ、今抱えている後悔は消えていたのかな」こんな疑問を持ったことが一度や二度はあるんじゃないかと思います。私は何度もあります。

そのたびに思うのは、時間は戻らないんだからしょうがないということ。でも本当に「しょうがない」のだとしたら、なぜこんなに何度も思い出しては、やるせない思いをしているのだろうって。

その理由は、ほかでもない自分自身が気付くために存在しているのだと思います。根っこにある、手放しがたい怒りや、屈辱に気づいて欲しい。いつも同じところでつまづいてしまう今までのパターンを、自ら気づいて越えてゆくためにあるんだと思うんです。

今、セカンドフライを捕り損なった自分に戻ることはできません。でも今、セカンドフライを捕り損なった自分の後悔や怒りを聞いて、その気持ちを昇華することができるんだよ、とこの満月のホロスコープを見ていたらそう思えました。

そのために必要なことが、今回の満月の意味です。

あの頃よりも成長した自分で過去と向き合って、あの頃抱いた後悔や雪辱から得たことを、ひとつひとつ丁寧に手に取って、見守って、ありがとうが自然と溢れるようになるくらい体感すること

私は過去に一生許せないと思うような出来事を経験しました。その経験は、ことあるごとに何度も何度も思い出されました。見たくないのにね(笑)でもそうやって何度も思い起こされれるからこそ、一度しっかりと向き合う時間を作りました。

そうすると、パニクったり頭に血が上ってた自分を、冷静な目で見ることができるようになったんです。そして、そうなって初めて、私が許せなかったのは、誰かではなくて自分だったんだと気が付きました。そして、そんな最低最悪だと思っていた自分でも、得ていたもの、手にしたことがあったと分かったとき、絶対に許せないと思っていた自分を許せるような気がしました。

まるで懺悔の時間のような、禊(みそぎ)の時のような、クリアで清らかな気持ちになりました。

今回の満月は半影月食。月食は重要な節目、特に私たちの暮らしに変化があることの象徴だと言われています。この満月に気づいたことが、未来の自分は今の自分より幸せであるかどうかあなたの大切な人たちが未来でも笑っているだろうかに繋がってゆくことが、自分を開放していく時間となってゆくだろうと思います。

未来の幸せのために、私たちはある種の責任を果たす必要があります。負の貯金を先延ばししないこと、そして本当に未来に送り届けたいもののために、今できることを精一杯すること。ほかの誰でもない、自分だからできることがあります。それに気づくことも、この満月に心の声に従うからこそできることです。

2020年、禊(みそぎ)の時を経て、僕たちの新世紀が始まります。

CHECK!

心を成長させ、自立した女性へと導くライフレボリューションプログラム。

2020年のお申込み(オリエンテーション)は2020年3月末4月17日までです。

興味のある方はお早めに!



※アイキャッチ画像 SeaReedsによるPixabayからの画像

テキストのコピーはできません。