季節と共に生きるということ

Life is Good 10日目

シャクヤクが咲き始めました。
この花は倉庫のそばにあります。

倉庫は一番よく行くところだから、ちょっとした隙間で手入れでき、仕事の合間に楽しませてもらえるようにと、植えているんだと思います。

ここに来て、大先輩方に「みかんは畑に足跡をつけた分だけ美味しくなる」と教えてもらいます。

いや、実は上手にできないことがあって、近所のおばさんに聞いたんですよね。コツとかないのかと。

そしたら、見て習って、やって習って、とにかく数をこなして自分で見つけなさいと教えてもらったんです。

また私は、誰かに答えを言って欲しがっているんだなと気がついて、少々落ち込みましたけど、性根を入れて取り組もうと腹が決まりました。

とにかく、毎日見て手入れすることが、良いものを作るということ。

それは義務感でも使命感でもなく、生き方・暮らし方が、丸ごと季節の流れと共にあるということを、この一ヶ月で学びました。

花が咲いたら、美しさに目がゆきます。

でも、花が咲く前からずっと手入れされてきたから、今こうして咲いてくれる。花が終わっても手入れし続けるから、翌年もまた咲いてくれる。

季節のめぐりの中に、意識ごと溶け込めるようになるには、まだまだ余裕が足りません。

でも、今私がやるべきことは、ただただ一生懸命に仕事を覚えること。だから明日も頑張ります!

この記事につながる2020年5月、蠍座の満月の記事はこちらです。

1件のコメント

コメントはできません。

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。