目の前の世界は、私の選んだ世界

William IvenによるPixabayからの画像

目の前の世界は、私の選んだ世界

荒れたタイムラインから平和なタイムラインへ

一年前くらいにTwitterのアカウントを作りました。情報収集できたらいいなと思って。

毎日眺めたり、時々つぶやいたりしていたんですが、よくよく思い起こしたら「毎日だれかが争ってるな」って気づいたんです。常に誰かが怒っていたり、誰かと揉めていたりしている。

で、動物愛護に関するアカウントを片っ端からミュート(そのアカウントの投稿と通知をオフにする)にしてみたら、めちゃくちゃ平和で楽しいタイムラインになったんですよね。Twitterを見るのがいい息抜きになるぐらいホッとする(それまでは気合が必要だったw)。

※タイムラインについて補足。Twitter、Facebook、LINE、Instagramにタイムラインはありますが、少しずつ違いがあります。

ソーシャルメディアごとのタイムラインとは?

Twitter=自分がフォローしている情報が表示されるところ(Facebookではニュースフィードと呼ばれる
Instagram=Twitterと同じ、タイムラインのほかにフィードとも呼ばれる
Facebook=自分が投稿したものが時系列で表示されるところ
LINE=自分や友だちの活動をリアルタイムに投稿できるページ(トークとは別)

Twitter、Instagram、Facebookともにアプリを起動したり、WEBでログインしたとき表示される画面のことをタイムライン(TL)あるいはニュースフィード、フィードと呼びます。

SNS(ソーシャルネットワークサービス)もテレビと同じ

いつだか、Twitterで仲良くしている人とテレビ番組の話をしたんです。

ワイドショーやニュースって、選んでないようで選んでるんだよねって。チャンネルも選んでるし、テレビを見るということも選んでいる

だから自分好みの情報を選んで見ているわけなんです。だけどほとんど意識してないから、テレビは怒る人ばっかりとか、文句言う人ばっかりって思う人もいる。だけど、そもそも自分が選んでるんだよ。

それと同じで、SNSで見る情報も自分が選んだ情報なわけです。いつも誰かが怒ってるとか、なんかムカつく、なんかイラっとする、精神的にしんどいって思うのは、そういう人をフォローしているからなんですよね。だからタイムライン(フィード)は荒らされたり、不愉快な気持ちにさせることはなくて、自らそこを選んで見ているってこと、なわけです。

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

お前の世界は、お前のせいだ。by西野亮廣さんのブログ

先日Facebookでもシェアしたこちらのブログ。かなり心を揺さぶられる記事です。

現実から目を背けるのも、そろそろ限界だ。by キンコン西野

中でもこの一言は突き刺さります。

お前の世界は、お前のせいだ。

SNSに限らず、あらゆる情報は自分で選んでいます。想像以上に世界は「自分が選んだもの」で構成されていて、その現実が目の前にあるんだよっていう話です。SFとかバーチャルがどうのこうのっていう現実離れした話ではなくてね、もう来てるんです。

(SNSもニュースサイトも自分で選ぶでしょ?)

だからこそ、今自分が何を選んでいるのか、タイムライン(フィード)から読み取っても興味深いのではないかな、と思います。

自分が何を望んでフォローしたのか(情報を求めたのか)。そこにはあなたの希望があるんだと思うから。

苦手を自信に変えるパソコンレッスン

CHECK!

心を成長させ、自立した女性へと導くライフレボリューションプログラム。

2020年のお申込み(オリエンテーション)は2020年3月末4月17日までです。

興味のある方はお早めに!

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。