自分のことだと自覚することの大切さ

Peggy ChoucairによるPixabayからの画像

自分のことだと自覚することの大切さ

感動したメッセージ

今朝、ずっとご愛顧くださっている方からメッセージをもらいました。許可をいただいて掲載します。

昼休み、ネットをみていたら、夫婦喧嘩が子どもに及ぼす影響をという記事が目に留まり読んでみたら、やたらと自分の心に響いちゃって、娘に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

先日、突然、夜中に目が覚めちゃった娘と二人で話をしたんです。離婚の話を。
娘がぽつり、ぽつりと「母ちゃんが父ちゃんから暴力を受けてるときに守ってあげられなくてごめんね。」て話すの。「全くそんなことないし、あなたは守ってくれてたよ。あなたがいなかったらここまでこれてないよ。」と伝えました。

そして、いわゆる、一般的な ”普通” の家庭という形を持てなくてごめんね。て。でも、母ちゃんはあのままではダメだと思ったから離婚したんだよ。大人はみんな完璧じゃない。それを補いあって生きてるんだ。でも、父ちゃんとはそれを補いあえないと思ったんだ。

て、話したんです。娘はわかってるから大丈夫だよ、と言ってました。

こんな話をしたり、あんな記事を目にしたり、なんだか、ここのところ、ぼんやりぼんやりしてたけど、分かったんです。

相手はまだ分からずとも、やはり、私はもう一回自分の家庭を築きたいと思ってるんだなって。これ、再認識できたのは大きい気がします。

経験から自覚すること

このお話を聞いて、私の中でわさわさしていたものがストンと落ちました。そうだったのかーって、すごく感動しました。

例え離婚したとしても、結婚して家族になって暮らしたことは決して無駄じゃない。例え自分や大切な人が傷ついても、辛い悲しい思いをしても、そこに意味を見いだせたら、それは人生の糧になります。

その経験があったからこそ、自分が何を求めているのかを知ることができて、自覚するからこそ、本当に欲しかったもの欲することができる。これってすごく大事なことです。

人生で経験したことを、無駄にするのも、糧にするのも、自分次第ということなんです。

彼女は娘ちゃんの声を聴くことで自分の心も開き、純粋な自分と向き合ったのだと思います。とても勇気のある、美しい瞬間だっただろうと思います。

経験から自覚することMichal JarmolukによるPixabayからの画像

当事者意識を目覚めさせる

今、コロナウイルスによって日用品が不足したり、学校が休校になったり、卒業式や春の甲子園が中止になったりと、あらゆるシーンで余儀なく変化を迫られています。変わらないと思っていたものが、変わってゆくのを目の当たりにしています。

感染者がどうのこうのではなく、すでに世界中の日常に影響が出ています。だから私たちにとっても他人事ではありません。

この現実を見て、私はすごく情報に対する意識をもっと変えなければならないと思いました。誰もが不安です。だけど不安に駆られて手当たり次第に情報を手にすると、その情報に振り回され、踊らされ、消耗します。

情報は人を疲れさせるためにあるものではありません。人を豊かにするためにあるものです。

もう春はすぐそこです。自分にはないと思っていた可能性のつぼみを、開く行動を起こしませんか?

情報の正しい扱い方を知って、情報に振り回されない自分になろう! 人はいつからでも変われます。

苦手を自信に変えるパソコンレッスン

変わらなきゃは分かってる、だけどその次の一歩が分からない。そんな方にはライフレボリューションプログラムをお勧めします!

CHECK!

心を成長させ、自立した女性へと導くライフレボリューションプログラム。

2020年のお申込み(オリエンテーション)は2020年3月末4月17日までです。

興味のある方はお早めに!

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。