自分を一致させること

アイキャッチ画像 Gabriel Crismariu

自分を一致させること

自分を一致させることってなに?

先日書いたこちらの記事の中で、こんなことを書きました。

私は二年目の最後の月に、一年目の最初に願っていたことが分かりました。それは、自分を一致させること。これが一年目に「どうしても受けたかった」理由であり、叶えたかったことです。

簡単に言うと感情と態度との違い(本音と建て前)に翻弄していたということ、元も子もない言い方をすれば、思ってることとやってることが違うということです。

例えば「それあんまり好きじゃない」と思っても「それを言わないのが大人なんだよ」と自分に言い聞かせること。それが正しいと思っていました。人間関係も円滑になって、場も収まって、万事OKって。

でも、正しいか、正しくないかって、どれぐらい大事なんだろうと思います。

この記事の平等のお話しとも繋がりますが、なにが平等かも人によって違うのだから、正しさも人によって違います。

こんなこと、たぶんみんな知ってると思う。だけど、思いのほか「正しさ」で自分を縛っている人も多いのではないかな。

正しくあろうとすることは美しいです。だけど、自分にそう言い聞かせていることがあるのだとしたら、自分が正しさの犠牲になっているということだと思います。

自分を一致させることってなに?S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

「仕方ない」は、仕方なくない

ならば、なんでも本音をぶちまけてもいいのか? 私もこうしたことがあります。どうなったか。周りに誰もいなくなりました。

「正しさに縛られなくていい」と知って、私は怒ったんです。今までの我慢が無駄になるって思ったし、正しさにこだわっている自分を否定されたと思ってキレたんです。

で、これが私の悪い癖、カチンときたら自棄を起こす(まったく手に負えん(笑))。

そうやってせっかく構築した人間関係を無に帰して、私はこういう人だから仕方ないって自分に言い聞かせていました。

その「仕方ない」を変えることってできるんだよと、強く訴えたいです。

「仕方ない」は、仕方なくないDmitry Schemelev

自分が変わると周りが変わる

自分が変わると周りが変わるって聞いたことがあると思います。

私のように自棄を起こして相手を責めていた態度や、言い表し方が変えるから、周りが変わるわけじゃないんです。

これは、言い方とか相手への理解度の話ではなくて、自分の受け止め方が変わるから、態度も言動も変わり、周りの人も影響を受けて変わるってことだと私は理解して言います。

気持ちよく今日を生きるために

自分の中でもう一人の自分が一致していないと、ずっとストレスを感じます。自分でストレスを生成しているのと同じだからね。

でも、自分が一致すると人生のいろんなことに納得でき、次の未来のことが考えられるようになります。

そうなるためにお勧めなのがライフレボリューションプログラム。最後は宣伝かいって感じですが(笑)、本当に「自分を一致させること」って、気持ちよく生きていくために大切なことです。

私のレッスンも作り変えました。不可能を可能に変えるパソコンレッスン、詳細は下記をご覧ください♡

苦手を自信に変えるパソコンレッスン
CHECK!

心を成長させ、自立した女性へと導くライフレボリューションプログラム。

2020年のお申込み(オリエンテーション)は2020年3月末4月17日までです。

興味のある方はお早めに!

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。