魂の暦 Magnolia’s World No.35

Magnolia’s World No.35

第34週 2019/12/08~2019/12/14
まるで静かな秘密のように、
昔から大切にしてきたものと
新しく生まれた自己の力がひとつになり
内面でいきいきと動きだすのを感じる。
それらは、眠っている世界の力を目覚めさせ
自分の人生の課題のなかへと流れていく。
そしてこれから、私自身が真の存在のなかへと
刻印されていくであろう。

第35週 2019/12/15~2019/12/21
私は真の存在を認識することができるのか。
みちあふれる創造行為のなかで
その存在をふたたび見つけ出すことができるのか?
私は力を授かったことを感じる。
それは自分自身がこの世界のなかで
手足となって謙虚に活動していく力である。

魂の暦の読み解き

先週は、一週間のうちのどこかで書くぞと思っていたのですが、一週間が経過してしまいました。待っててくださった方、すみませんー!

気づけばもう12月も半ばです。12月になってからの2週間、みなさんにとってどんな時間だったでしょうか? 私は一言でいえば「忙しかった」時間ですが、この忙しさというのもいろいろあると思っています。例えば、外からの声にこたえることが忙しい、自分以外の誰かの用事に巻き込まれて忙しい、自分のことに忙しい。いろいろあると思います。でも、どんな忙しさの中にあっても、自分のゆとりの時間というのは持てるはずです。

ほんの少しの時間でもいいので、スマホゲームで息抜きをする時間を、自分を振り返る時間に、今の自分と対話する時間に充てませんか? 自分と向き合うことは全然難しいことではありません。

私はルドルフ・シュタイナーの魂の暦に向き合うとき、自分とも向き合っていると感じています。魂の暦だけでなく、好きな小説を読むとき、好きな映画を見るとき、その端々で「私はどう思うだろう、私はどう感じるだろう、私ならどうするだろう」そう考えることそのものが「自分と向き合うこと」だと思っています。

ほんの少しの時間でもいいので、目を閉じて「今の自分、気分はどうかな?」と声をかけてみてください。「しんどい、疲れた」と返事が来たら、休む時間を作ってあげて。「いい気分」と返事が来たら、何があったのか聞いてあげて。自分の声を、無視しないで。

さて、魂の暦の読み解きです。

私は真の存在を認識することができるのか。
みちあふれる創造行為のなかで
その存在をふたたび見つけ出すことができるのか?
私は力を授かったことを感じる。

この一説に、疑問形の一文がありますね。

私は真の存在を認識することができるのか。その存在をふたたび見つけ出すことができるのか?

この問いかけの本当の答えは、見つけ出すことができる/できない、ではなく、この疑問に気づいたところにあります。

私は特に自分に対しても、人に対しても(!)「できたか、できていないか」で判断しがちです。でも待って、まずその視点に立っているんですよ。ということは、どちらも選ぶことができるんです。

今現在、今の時点での自分が「できてない」とか「できない」であったとしても、「できる」選択肢も見えている以上、「できる」をつかむことはできます。だから魂の暦のこの一説の最後は「私は力を授かったことを感じる」なのです。

それは自分自身がこの世界のなかで
手足となって謙虚に活動していく力である。

真の存在を認識し、私は力を授かったことを感じます。その力とは、この世界の中で手足となって謙虚に活動していくものです。

ここについて、私は「”ない”の世界から”ある”を見つけていこう」と受け取りました。

「”ない”の世界から”ある”を見つける?」と思うかもしれません。でも先に書いた分岐のお話と同じです。”ない”と認識できるということは、”ある”も認識しているということ、どちらも見えている地点にいるということ。だから”ある”世界へ行くことができます。

自信が”ない”
知識が”ない”
でき”ない”

この3つは「ではこうしたらどうだろう?」というアドバイスに対してよく聞く答えです、そして私が何度も何度も繰り返した言葉です。

ではね、この”ない”が”ある”に変わったら行動するの? と問われると、必ずしも行動するとは限りません。本当の理由は違うところにあります。

やりたく”ない”

それはなぜか? 変わることが怖いからです。

そんな自分、自分じゃ”ない”

かもしれませんね。でもそれを決めているのは、他でもない自分です。

気づいた時点で、力が宿ります。それは選ばれた人だけが持ち得るものではなく、気づいた人すべてが持っているものです。そしてその力は、自分だけで育てたものではなく、自然や、環境や、関わった人のすべてから授かったものです。

だから大切に、丁寧に扱います。それは自分だけでなく、周りのすべての人もそうです。だから謙虚に、尊敬をもって活動するのです。それが人が生み出せる愛のある循環なのだと思います。

今週の星模様

今週の星模様の記事はこちらをご覧ください。
今週の星模様 No.35

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。