魂の暦 Magnolia’s World No.21

Magnoria’s World No.21

2019/09/08~2019/09/14

第21週
私は実りある見知らぬ力を感じる。
その力はしっかりと私に私自身を与えてくれる。
小さな芽が熟しつつあることに気づきながら
内面の自己の力のなかで
私の予感は光輝きながら織りなされていく。

第22週
世界の彼方から来る光が
内面でさらに力強く働きはじめ
私の魂の光となって
精神の深まりのなかで輝きだす。
そして時の流れのなかで
世界の自我から、個としての人間の自我が
今ゆっくりと実りをもたらす。

星の動きと流れ

2019/09/14 13:32 魚座で満月
2019/09/14 水星が天秤座に移動
2019/09/14 金星が天秤座に移動
2019/09/18 土星が山羊座で順行開始

引き続き乙女座に天体が集まる「乙女座祭り」の状態が続いています。そして昨日(9/7)からは月が山羊座へ。月がみずがめ座に移動するのは9/10の朝、それまでのあいだ地の星座にぎゅうっと天体が集まる時間となります。そして迎える魚座の満月。魚座の満月では、月が海王星と重なり、いくつもの複合アスペクトを空に描き出します。そして天体たちが次々にてんびん座に移動します。9月の節目となる14日です。

先週書いた中で「分の人生をどう生きるのか、この一生をどんなふうに過ごすのか」という一文があります。このテーマはとても大きくて、そして唯一不動の答えは見つからないものかもしれない、と思います。なぜなら、それを探し求め続けることが「生きること」だし、たとえ見つかったとしても必要であればどんどん刷新していくことも「生きる醍醐味」だと思うからです。

あまりにも大きなテーマを見続けていると、手元がおろそかになることもあります。逆に、手元ばかり見ていると(自分のことばかり考えてしまうと)、周りの人や全体のことを思いやれなくなる。そのバランスについて、「乙女座はマクロレンズ、魚座は魚眼レンズ」とも書きました。

理屈は分かりやすいものだと思います。でも今週私が伝えたいのは、自分が頭で理解している「それ」ではなく、自分が体験したことがある具体的な経験を思い出した上で「それ」を意識したい、ということです。

乙女座の性質を表す言葉に「奉仕・犠牲」があります。奉仕も犠牲も、なにかを当てにして行うものという意味ではありません。純粋に自分のために行うもの、その結果周囲に役立つものとなることを表します。

ですが私は、今までの思考の癖で、ついつい補償を求めたり、自分が犠牲になる代償を求めたりしがちです。これが本当によくあるパターン、そしてきっと多くの人が持っている、よくあるパターンだと思います。

自分が犠牲になる代償というと仰々しいですが、「~するから~してほしい」とか「私が我慢するから、あなたも我慢して」という発想もこれにあたるんじゃないかと思います。これはすごくフェアなように見えますが、求める側のフェアであって、受ける側にとって果たして本当にフェアかどうかは分からないところです。

このような取引の発想、思考は、何かを得るには何かを失うということ。そういう考え方のパターンを持っている(=そういうものだ、という枠を持っている)ということだと思います。

今週、魚座で満月を迎えます。

満月のチャートで私が最も注目したのは、月と火星のオポジションに加えて、射手座の木星とTスクエアとなっているところです。月は3ハウス、火星は8ハウス、木星は12ハウスです。そして火星のすぐそばには太陽、月のすぐそばには月があります。

天体にはそれぞれ「役割」がありますが、火星のそれは特に意識することが大切だと思っています。火星の役割の一つは「勇気」。

今までのパターンを破る勇気を持つこと、枠を壊して、今までの立ち位置から離れる勇気を持つことや、それにつながる出来事がある人もいるのではないかなと思います。それによって変わるのは内面的なところが大きいと思いますが、「決める」ことがすごく大事なんだと思います。

「決める」なんて目に見えないこと、意思の話です。でもだからこそ、自分に嘘はつけません。本気で、ガチで、決められるかどうか、その決意の固さによって現実が変えられるんだと思います。

スピリチュアルとは精神性の世界、見えない世界のことです。自分と向き合うことも同じ、手に取って眺めることのできないものです。感じることも、思うことも、考えることも、理解も共感も見えません。だから本気になれない、信じるのが怖い。そう思う人もいるかもしれません。

そうしたことも含めて「今、変わりたいと思ってるあなたへ」という記事を書きました。私は「今を変えるために」、物を捨てたり、何かを購入したり、生活をガラッと変えたりする必要はないと思っています。毎日の暮らしの中で、ほんの少し自分と向き合う時間、自分に問いかける時間を作ることが一番大事だと思います。そうした内面を整えることも、乙女座の季節の過ごし方にぴったりだと思います。

今、変わりたいと思ってるあなたへ

***

2019年乙女座の季節(8月24日~9月23日の星読み)

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。