”私たち”の時代へ

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

”私たち”の時代へ

風の時代を先取りした、水瓶座の満月の後に

2020年8月の水瓶座の満月の記事の中で、獅子座と水瓶座どちらも「尊厳」がテーマだと私は考えます。獅子座は「I」、水瓶座は「WE」。水瓶座の時代はWE(私たち)で生きるのだと思います、と書きました。

これについての補足です。ちょっと長いですが、分かりやすく書いたのでぜひ最後まで読んでくださいね!

もっともっとシンプルに~水瓶座の満月~

大きな循環サイクルの中にいる私たち

つい最近、イノシシカレーの記事に追記したことがあります。それは私がこの島で暮らしてみて、身をもって感じたことです。

どんな動物も、植物も、人間さえも、この地球上で「生きている」という意味では同じ立場です。人間だから偉いとか、人間だからすごいとか、全然関係ない。人間が自然を守るというのも、なんだか違うと感じています。

本当に、心から、人間なんてちっぽけだと思うことが多々あるんです。

こちらに来て暮らし始めて、自然や農業に幻想を持っている人ほど「自然と暮らさねば」っていうよなって思います(いろいろ失礼w)。

自然は決して甘くない、なにひとつコントロールすることができない圧倒的な存在です。忘れかけていた神への畏怖を思い出すような、そんな底知れない大きさ。

そんな自然の猛威から人の暮らしを守ろうとしたのが都会だと思うんですよね。だからとても暮らしやすい。便利で明るいし、手を伸ばせば大抵のものが手に入る距離にある。私、都会暮らしも大好きです。

そして、その都会も、私が暮らす島も、人が創り上げた場所です。そう、どちらも同じだと思うんですよ。島暮らしの方がちょっと自然の猛威をもろに受けちゃうだけのことで(笑)

確かに、「ここ(都会 or 田舎)にしかないもの」はあると思います。だけど、「その環境にないからできない」ことは、何もないなって思います。

だって、もうすでにこの巨大な循環のサイクルに、私たちは属しているんだから。全然ちっぽけじゃない、この世界を回している、かけがえのないひとつの誇り高き存在なんだと思うんですよ。

獅子座のI

この「かけがえのないひとつの誇り高き存在」というのが、獅子座のIです。獅子座は守護星が太陽。太陽はホロスコープで主格となる天体です。いわば主人公。私そのものです。

水瓶座のWE

そして、引用文に書いた「どんな動物も、植物も、人間さえも、この地球上で『生きている』という意味では同じ立場」というのが、水瓶座のWEです。

水瓶座のWEは、そのひとつひとつの「かけがえのないひとつの誇り高き存在」の集まりです。

風の時代は「尊厳」が大切だと思う

巨大な循環のサイクルに組み込まれた、かけがえのないひとつの誇り高き存在として、”私たち”の視点を持つとき、大切なのは「尊厳」なんじゃないかなと、私は思いました。

「尊厳」をGoogleで検索するとこんな説明が出てきます。

尊く、おごそかで、犯してはならないこと。気高く威厳があること。

魂の尊厳とか、命の尊厳、という言葉も聞きますね。何にも貶められることのない、尊いものに対して使う言葉です。

私も、あなたも、アゲハチョウもみかんの木もイノシシも、平等に尊い。対等です。

水瓶座の満月の記事はこんな言葉で締めました。

私(I)は個人として存在しているけれど、私たち(WE)の中に私もいて、私たち(WE)の中には大事な人もいる。だから考えよう、そして自分の意見を持とう。それが風の時代に向けての水瓶座の満月

私がここで言いたいのは、これからの風の時代は「私たち(WE)のために」考え、行動することが、大切なんじゃないかということです。

私たち(WE)の視点を持つためには、私(I)もすごく大切。取るに足らない存在ではなくて、かけがえのない誇り高き存在が集まって私たち(WE)になるんだから。

獅子座の季節の今こそ「私(I)」の声をクリアに聞くことができるんじゃないかなって思います。

背伸びしなくていい、ありのままの、等身大の自分の声。それが例え泣きごとだったとしても、その向こうに必ず「こうしたかった(こうしたい)んだ」という希望があると思います。それはきっと、私たち(WE)の願いに繋がっています。だから、自分のことを大切にしてくださいね。

ライフレボリューションプログラムAwaking

ちょっと話は戻るんですが、尊厳のところに書いた「対等」について。

私にとって「対等である」ということは、とても難しいことでした。なぜなら、私が下である方が、取るに足らない存在である方が、楽ができると思っていたから。できない私、ダメな私、だから何にもしなくていい。でも、誰かがやってくれるはずなのよ、と。

そうじゃないんだと、ライフレボリューションプログラムを通じて知り、気づき、島暮らしを経て理解しました。だから私もライフレボリューションプログラムを伝える側になりたい。そう思い、今も講師になるべく学びを深めています。

ライフレボリューションプログラムは、田中みずえさんが生み出した、自分らしく生きることにコミットした講座です。

誰もが持っている人間力を、自分を信じる力を思い出し、魂を本来の姿へと成長させてゆきます。一度学んで終わりではなく、いかなる人生のシーンにも生かせる叡智があり、生活の中で自己研磨できる内容です。

同じ学び舎から出た私たちが、それぞれに講座を開催するには理由があります。その人だから伝えられるメッセージがあり、その人だからこそ届けられる人がいるからです。

私たちが大切にしている思いは同じです。多くの人に届けるために、私たちはそれぞれに発信しています。

現在活動中の講師のプロフィールもあります。ぜひこちらをご覧ください。



feel-ism@星と暮らす公式LINEを開設しました!

新月・満月・その他不定期に星の情報をお届けします。

1件のコメント

コメントはできません。

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。