等身大の自分に生まれ直す~乙女座の満月~

等身大の自分に生まれ直す

近況報告

連日コロナウイルスのニュースが耳に入り、学校が休みになったり、様々なイベントが中止となったりしています。

でも一方で、あれだけ実現不可能だと感じられたテレワーク(在宅勤務)に企業が主導で踏み切ったり、おにぎりや子供向けのサービスが無料で提供されたり、またSNSでは学校が休みになることで牛乳の消費が減るから、大量に牛乳を使う「蘇(千年前の和製チーズ)」のレシピ(とっても美味しいみたい!)が拡散され、味わっている人も多いようです。

現状は世界中が、今が正念場です。誰が悪いとか、何がいけなかったかという声よりも、だから今どうするのか、どう協力し合ってゆけるのかに目が行きます。

みんなの気持ちがひとつになる力強さが、窮地を乗り越える力になっているんじゃないでしょうか。

メッセージ

この様子は、乙女座の満月のチャートを見ても感じました。

直球ストレートの新月から続いてきた満月です。この日、太陽と海王星は重なった状態で満月を迎えます。海王星はワンネスを表す天体です。

私は「ワンネス」って境界線を越えて繋がることでひとつになれること、例えば、経験したことのある痛みを通じて誰かのことを思いやれることや、深い理解があるからこそできる優しさを伝えているのだと理解しています。

私の痛みは誰にも分からない。

ある意味では事実です。だけど、そう言って誰の言葉も差し伸べられた手も拒絶して、孤独に打ちひしがれ、自分を閉ざすことを、本当に望んで願っているからそう振舞うのでしょうか。

私は違うと思っています。なぜなら、私自身そう振舞いながら、願っていたのは違うことだったからです

ずっと私が気づきながら見ないようにしていたことがあります。それは、信頼関係を築けないことです。

少しでも思い通りにならないと、私の願う答えをもらえないと、この人とは合わないとか、分かり合えないと理由をつけて、人間関係をブツブツっと切ってきました。

人のせいにしておけば、自分は悪くないし、むしろ被害者だし、変わらないでいられるから。

同時に、私はいろんなことを蔑んで見ていたことに気づきました。バカだと思われたくないばっかりに、なんでも知ってる顔をして、本当に私のためを思って伝えてくれた言葉を、体を張って受け止めていなかった

自分の強みは、自分を受け入れて見えるものでも書いた通り、いろんなことを「当たり前だ」って見ていたから)

だからこそ、ずっと蔑んで見られることを恐れていました。誰も蔑んだりしていないのに、そうかもって感じただけでバタン!! と自分で扉を閉めてね。

だから孤独で寂しくて、誰とも分かり合えなくて、辛いんです。だから今どうするのかが、分からないんです

フォト正明小森Unsplash

未来に向かいたいのなら、自分が握りしめているものに気づいて、手を離さなければならない。

この満月のチャートには、それがありありと描かれていました。

ホロスコープの一番底、ホロスコープそのものを支えているところには、天王星と金星が重なってあります。

金星は美意識とか喜びを表しますが、ネガティブに出ると「甘え」になります。私の「私は変われないのよ!」の押し付け、それもやり切れずに孤独の穴にこもる、というのはまさに甘え、おこちゃまなんです。

でもその甘えはひっくり返すことができると、天王星が教えてくれます。ただ、自分を支えている根幹でもある部分だから、痛みとか恥かしさとか情けなさもあるかもしれません。私は今、超情けなくて恥ずかしくて、ゲロ吐きそうです。

でも、だからこそ生まれ直すことができるんだと思うんです。

金星と天王星は、無意識に繰り返してしまう今世の課題を表すノースノードと60度、創意工夫することで可能性が開く角度で繋がっています

何度となく落ち込んで自分を嫌いになって、もう二度とこんな思いはしないぞと心に決めて、だけど何度も似たような失敗をしてしまう

だからこそ、今気づくんじゃないでしょうか。ずっと、薄々気づいていた自分の幼さに。

未来に向かいたいのなら、自分が握りしめているものに気づいて、手を離さなければならない。

これは、ただ何かを諦めろとか、私が我慢すればいいという話ではありません。自分が幼稚な(か弱い)生き物でいることで、どんな得があったのかを認めるところから始まります

私は自分が一番楽をしていられる状態で、誰かに認めてもらいたかった。こんなダメな私でも受け入れてもらうことが、大切にされている証だと思っていた。

でもそれは、私の幼稚なワガママで、本当に私が欲しいものではなかった。

私がしたかったのは、大切な人たちの笑顔の中で、バカになって笑い転げていたかった。

今回の乙女座の満月、私は「等身大の自分に生まれ直す」とタイトルを付けました。等身大って、小さい自分でも大きい自分でもなく、今の自分です。

これまでの人生であった、失敗や落胆や悔しさや怒りを、すべて今の自分へと還し、飲み込んで、未来につなげることができる今だから、未来の自分のために、今その全てを飲み込んで、生まれ直すことができます。

満月のチャートは、アセンダントというホロスコープの始まりの位置に行動力を表す火星が輝いています。決意し、行動することで、運命を自分の手で動かすことができます

私はこの満月のチャートから、そして丸一日(!)愛のケツバットを届けてくださったみずえさんとのやり取りから、幸運にも気づくことができました。もう感謝しかありません。

絶対に私一人ではここまで掘り下げることができなかったこと。自分を知る年間講座 Life Revolutionプログラムを自信を持ってお勧めできる理由はここにもあります。

ライフレボリューションプログラム
講座を受ける前にオリエンテーションで聞くことができます。オリエンテーションは無料、2020年3月末まで。画像クリックでジャンプします。

誰かから与えてもらうのを待つのではなく、違う違うと駄々をこねて閉じこもるのではなく、これが欲しいと宣言し、自分で行動し、欲しいものがないならば自分で創りだす、誰もがその可能性を持っています。

CHECK!

心を成長させ、自立した女性へと導くライフレボリューションプログラム。

2020年のお申込み(オリエンテーション)は2020年3月末4月17日までです。

興味のある方はお早めに!


ハマっている音楽

King Gnu – 白日

Facebookでもシェアしたこの音楽、リリースから一年後の2020年2月29日にハマりました。ぴったり一年。きっとこの一年、何度か耳にしていたと思います。だけど聞こえていなかったようです。

何度も見てた、何度も聞いた、だけどある瞬間がくるまで、自分に届かないことがあります。綺麗に言えば「受け取るタイミングではなかった」だけど、そのタイミングっていつ来るんだろう? 目の前にあっても「そうじゃない」と拒んでいたら、いつがタイミングになるんだろう?

私は、自分で「今だ」って決めるしかないんじゃないかな、そう思った今がそのタイミングだろうなと、何度も何度も繰り返し聞いています。

真っ新に生まれ変わって
人生一から始めようが
へばりついて離れない
地続きの今を歩いているんだ
作詞作曲 : 常田大希

2件のコメント

  1. ピンバック: 2020年春分 | feel-ism

コメントはできません。

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。