私の「何ができるのか」

Marina PershinaによるPixabayからの画像

私の「何ができるのか」

一人が半径何人ぐらいまで守れるかな

昨日、新月のリーディングを公開しました。これを書きながら「私の新しいことって何かな」と考えていました。そんな中、こちらの動画の言葉を思い出しました。

一人が半径何人ぐらいまで守れるかな、とリストアップして声掛け合えたら、どれだけ心強くいられる人がいるだろう。

半径何人ぐらいまで守れるかな……こんな発想なかったなあ、と。そう思ったら、やけに自分事に思えた、身近に感じられたんですよね。

だから今まで以上に予防に努めよう、備蓄も分かち合うために、安心を配るために、今以上に意識しよう、そしてご無沙汰している人たちに声をかけようと思いました。

同時に、私はまだゼロになるのが怖いんだなって思いました。過去、私もゼロになった経験があります。でも今こうして生きていられるわけだから、ゼロになったら終わりじゃないことを知っている。つい不安からの発想にとらわれてしまうけど、ちゃんと自分の歴史を思い出して、身にしようと思いました。

誰もが「自分の歴史」を持っています。経験から学んだことがたくさんあるはずです。その知恵は今の危機を乗り越えて、新しい時代を作るために身についたんじゃないかな、と思うんです。

これはタマさんが伝え続けている魔法の教室でも、ずっと伝えられていることです。のっぴきならない状況になって初めて身に沁みること、分かることがあるんだなと、日々気づかされています。

私の「何ができるのか」

新月の記事で「自分に何ができるのかを知ってゆきたい」と書きました。

※記事内に、スイス在住の花岡攻事さんの動画を入れています。明日(3/25)にも現状を動画でお届けしてくださるそうです!

私はまず食生活を見直しています。

よくよく考えると不思議な(絶妙な)タイミングで田舎へ移住するわけだから、今までのように「あれ食べたい!」と思った瞬間買いに行って……ができなくなるんです。ならば、今から食生活を変えていけば、急激な変化に伴うストレスが減るかなと(笑・食いしん坊は食べる喜びもとっても大事でして)。

ついでに、体質改善にも予防にも、自分自身の治癒力の向上にもつながっていけば、元気でい続けられるかなと思っています。元気でいられたら、家族や身の回りの人を助けることもできるしね。

健康であることは大きな資産です。健康で、元気でありさえすればなんでも生み出せるから(今さら感満載ですが、こんな時だから余計に深く納得しました)。

もともと丈夫な私ですが、改めてありがたいことだと思いました。そしてこれからの暮らしの中で得てゆくことを、どうやって形にして社会に還元していこうかなと、できることがあるんだから、どんな形で届けたらいいかなと、ずっと考えております。

今は非常事態ではありますが、この状況だからこそ、分かること、思うこと、気づくこと、望むものが、どんどん明確になってきたように思います。考えようによっては、ありがたいことですよね。

私はまず、引っ越しの準備。日本国内の移動制限も時間の問題かなと思います。でも、どうにでもなる、というか「どうにかしてやる!」です。

苦手を自信に変えるパソコンレッスン
テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。