魂の暦 Magnolia’s World No.28

Magnolia’s World No.28

第28週 2019/10/27~2019/11/02
私のなかで新しい力がみなぎり
内面も生き生きと広がっていくのを感じる。
魂の太陽から生まれた
力に満ちた思考の輝きが
人生の謎を解きながら明るい光を放っていく。
そして希望の羽を弱めていたいくつかの願いが
今ここでかなえられていく。

魂の暦の読み解き

秋のフェーズに入った魂の暦は、自然界の動きと、私たちの内面の動きのどちらもが描かれています。

私のなかで新しい力がみなぎり
内面も生き生きと広がっていくのを感じる。

自然界では力が弱まり、私たちの内面では力がみなぎってくる。その動きは対照的ですが、まるで呼吸するかのような動きだと思いませんか? 片方が縮むと、片方が膨らむ。私には心臓の動き、呼吸のように感じられます。

魂の太陽から生まれた
力に満ちた思考の輝きが
人生の謎を解きながら明るい光を放っていく。

息を吸い込めば吸い込むほどに、自分の中で明確な思考、意思が立ち上がってくるかのようです。

夏のあいだ、魂の暦の世界では人は明確な意思や思考を持てませんでした。それは自然界の力が圧倒的であったからです。しかしその圧倒的な太陽の力は消えてしまったのではなく、私たちの内に取り込まれ、夏の終わりとともに私たちの内側で光を放ち、意思や思考を照らします。

私たち人間は、考えることができます。考えるがために悩ましかったり、苦しんだりすることもありますが、それすらも「かけがえのない経験」、今この時代に生きていなければできないことです。

そして希望の羽を弱めていたいくつかの願いが
今ここでかなえられていく。

その悩みや苦しみの経験から、私たちは「ではどうしていけばよいのか」を考えます。その状況からの脱出を望みます。そうした自分自身の意志の力によって、弱っていた希望が力を取り戻し、希望をかなえようと羽ばたき始めます。

それは目に見えない力によって成し遂げられるものではなく、自分自身の意志と行動によってもたらされます。

自分の力で叶えようと行動すること、特に今年の蠍座の季節は、今の自分の精一杯を出し切ろうとすることが求められています。

ここでいう希望は、いきなり目標地点に達せよというものではありません。その希望に向かって一歩を踏み出すこと、自分の歩みを認めること。昨日の自分より、今日の自分が成長したと感じたら、それは希望に一歩近づいたということ。そうやって希望は一歩一歩、自分の力で叶えていけるものです。

今週の星模様

2019/10/27~2019/11/02の週はお休みいたします。
蠍座の新月を前に、神戸・淡路島リトリートに参加します。来週の更新時にはリトリートの様子も記事にしてお届けします。

新しい時代の風を、少しずつ感じ始めましたね!

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。