魂の暦 Magnolia’s World No.31

Magnolia’s World No.31

第31週 2019/11/17~2019/11/23
光は精神の奥深くから
まるで太陽のようにその輝きを放ち
生命の意志の力となって
無意識の自己の感覚に明るい光を与えてくれる。
魂はそのなかでみずからの力を解き放ち
創造への大いなる力となって
人間の仕事のなかに豊かな実りをもたらしていく。

魂の暦の読み解き

今週は先に「今週の星模様」を書いたのですが、すごーくつながってるような気がします。とはいっても、魂の暦は一年を通した7日ごとの詩で、今年のために書かれたものではないのだけど。純粋に澄み切った感性で季節を感じると、こんな詩となるのかなと思うと、すごく不思議な気持ちです。

今週の星読みでは、火星や水星や太陽の動きから「誰もが明るいところに出る」と書きました。そこで何をするのかというと、行動です。具体的に何かをしたらいいよ的なものではなくて、ひとりひとり違うものです。

光は精神の奥深くから
まるで太陽のようにその輝きを放ち
生命の意志の力となって
無意識の自己の感覚に明るい光を与えてくれる。

光が差すと表現すると、外からの光を浴びるようなイメージを持つかもしれません。私はそう思っていました。けれど魂の暦を感じて「その光は内からの光だったのか」と気が付きました。内からの光の根源をたどると、夏の力強い光であり、同時にそれは自分自身です。

魂はそのなかでみずからの力を解き放ち
創造への大いなる力となって
人間の仕事のなかに豊かな実りをもたらしていく。

先に書いた「行動」は、ここに出てくる「人間の仕事」のことを示しています。ああ、仕事は私にとってもキーワード。仕事というとどんな想像をしますか? 何を想像しますか? 仕事をかなり限定的に「こうだ」と決めていませんか?

ここで表される仕事とは、人の活動そのものを表します。人は存在している時点で周りに影響を与えています。それは夏にオイリュトミーを体験して感じましたし、事実、存在をどれだけ消したっているもんはいるもんね(笑)極端に言えば、存在していることによって周りに影響を与えていることも「人間の仕事」と言えるのです。

だからね、自分はどんな影響を与えていきたいか、と考え、そして行動します。そこには正解も不正解もありません。何を胸において、どう行動したか、それが「人間の仕事」となって、豊かな実りをもたらしてくれます。

今週の星模様

今週の星模様の記事はこちらをご覧ください。
今週の星模様 No.31

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。