魂の暦 Magnolia’s World No.9

Magnoria’s World No.9

2019/06/16~2019/06/22

第9週
自分独自の意志の偏りを忘れ
私の精神と魂の本質は
夏の訪れを告げる世界のあたたかさに
満たされながら包まれる。
光のなかで自分を失うよう
精神の直感は強く私に要求する。
そして予感は厳しく私にこう告げる
「おのれを失え、おのれ自身を見つけるために」と。

第10週
夏の空へと天高く
太陽の本質が輝きながら上っていく。
私の人間的な感情を
限りない空間の彼方へと連れてゆく。
かすかに予感に満たされながら
私のなかで動き出す感性、まるでぼんやりと私に告げるように。
いつかおまえは気づくであろう
「崇高な神的存在が今まさに、おまえを感じてくれていことを」

星の動きと流れ

2019/06/17 17:30 射手座で満月
2019/06/21 海王星が魚座で逆行開始(11/27まで)
2019/06/22 太陽が蟹座に移動
2019/06/25 18:46 牡羊座で下弦

この週は射手座で満月を迎え、そして夏至を迎えます。夏至は昼が最も長く、夜が最も短くなる日です。

先週は強い配置が描かれますと書きましたが、今週もそれは継続中です。この期間中はずっと「物語で表せば、伏線の回収が始まるような、なんらかの起点が置かれる日(いずれ伏線の回収が行われる出来事やきっかけが起こるとき)」だと思っています。

今は蟹座に火星と水星、ドラゴンヘッドが入っています。そして魚座には海王星、山羊座には土星と冥王星が入っています。この天体たちは調停というアスペクトをとっているわけですが、この調停の頂点となっている海王星が21日に逆行を始めます。

蟹座は12サインのなかで最も「私の心」を表すサイン、心に直結しているサインだと私は感じています。ここにドラゴンヘッドがあるということは、私の心を取り戻すという意味合いにも受け取れます。本心と違っているものを徹底的に洗い出し、本心で生きるように変えてゆく、そのために行動のエネルギーの火星、知り理解するエネルギーの水星が、三つ巴状態になっているのではないかなと思います。

誰かに「ありがとう」と感謝されると嬉しいですよね。私はとても嬉しいです。嬉しいは私の行動の原動力でもあります。だから私は、たくさんの「ありがとう」をもらいたいという欲求があります。ですが、私が無理をして、自分らしくないやり方で感謝されたとしても、徒労感のほうが先立ちます。ともすれば、自己否定の気持ちも生まれるかもしれません(やっぱり私からかけ離れたやり方のほうがいいんだ、って)。そして徐々に「感謝なんていいや」と諦めの心が強まり、なにもしなくなる。それはあまりにも無意味です。悲しいです。残念です。

だから、自分がただただ好きで一生懸命になれることを、人の役に立つ形にする努力をします。その努力の方法は実に様々です。今私が取り組んでいるのは「自分だったらどんな形が嬉しいかリスト」作りです。誰かを喜ばせるためのものではなく、自分を喜ばせる形リストです。自分すら「これは不親切」と思うものを、誰が欲しいと思うのか。

ここで「私の心」からブレてはいけません。感謝をもらうためにするのではないということ。私が取り組むことで、私に幸せがあふれる。そのあふれた幸せが周りを巻き込み、さらに幸せを拡大する形を作り出すこと。これは、私たち人間が地球に生まれてきた最大の理由であり、最大の大仕事だと思います。

この大仕事に取り組んでいる人が増えているのだと思います。これは選ばれた人だけの特権ではなく、みずから心に従って行動している人すべてが、この大仕事に取り組んでいると言えるのだと思います。

17日の満月は蟹座-山羊座と、双子座-射手座のオポジションが目立つ配置です。ピーンと緊張した雰囲気や、いよいよ溢れてしまいそうな水面を想像させます。このムードが高まった末に起こることは、おそらく反転だと思います。深く深く掘り下げていった先に、光が見える、根本に気づく、最後に大切なものが残るなど。あるいは決壊によって動きだした感情が現実へアクションし、リアクションが返ってくることで、光や根本や大切なものが分かるとか。

この夏に手にする「本当に欲しいもの/欲求」や「本当に好きなこと」は、大きく世界が変化してゆく2020年以降も道しるべになるものだと思います。

魂の暦の9週は己を失うことで予感を迎え入れることが書かれ、そして10週目では予感と自分が重なり合うような風景が描かれています。夏という季節は、私と高次の私が同化したまま過ごしてゆきます。高次の私が告げるもの、伝えるものを、私自身がはっきりと認識できるようになるのは秋~冬にかけて。というのも、同化している状態では近すぎて見えないのです。

ここはすごく蟹座の「私の心/心に直結していること」に重なると思います。高次の私が何者かとか、なにをどう伝えているのかという形が大切なのではなく、受け取った私がどう感じているのか、なにを大切に思っているのか、ということが重要なのだと思います。

***

2019年双子座の季節(5月21日~6月22日の星読み)はこちらです。
[blogcard url=”https://holly-kotonoha.com/astrology/monthly/2019%E5%B9%B4%E5%8F%8C%E5%AD%90%E5%BA%A7%E3%81%AE%E5%AD%A3%E7%AF%80″]

天王星の牡牛座入りから見る未来
[blogcard url=”https://holly-kotonoha.com/astrology/astrologynotes/%e5%a4%a9%e7%8e%8b%e6%98%9f%e3%81%ae%e7%89%a1%e7%89%9b%e5%ba%a7%e5%85%a5%e3%82%8a%e3%81%8b%e3%82%89%e8%a6%8b%e3%82%8b%e6%9c%aa%e6%9d%a5″]

テキストのコピーはできません。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。